りりらら情報忘備録〜中国リアルビジネス、不動産投資、ネットビジネスのネタをどうぞ〜

2011年から中国の無錫市という人口600万人規模の上海からほど近い(中国新幹線で約40分の)地方都市に引っ越しました。中国リアルビジネスとして、広州ゴルフ練習場、上海文化センター、不動産投資などなど、いろいろ種まきをしています。チャイナビジネスは驚くほど簡単に儲かる、、、なぁんて、成功したお話なんかも聞いたりしますが、実際は、なかなか厳しいですよぉ、うーーん、これは、実感です。散乱している情報から有用なものをピックアップしながら、自分のとんでも体験談や、貴重な経験を(忘れようにも思い出せなくなる前)に忘備録としてお届けします。
<< 中国医薬企業の中からどのセクターを狙っていくのか | main | サッカー日本代表と人的資源 >>
中国医薬株への投資タイミングは
いろいろレポが出ていますが、ほぼ投資タイミングに関する見解はどちらさまも一律同じようですねぇ。

短期的には政策による心理的圧迫から厳しいだろうが、長期的には”黄金10年期”の成長過程にあるのだから、政府による薬価細則が明らかになった時点まで待つ のが(材料出尽くしとなり)良いでしょうと。

証券日報より一部抜粋
虽然近段时间关于医药行业的负面报道较多,短期内市场对于政策的恐慌情绪将会存在,等到办法细则一切明朗之后,医药行业从长期投资的角度来 看,未来10年将是业的黄金十年,行业依靠稳定的成长性能够不断化解估值压力,因此医药股仍具有 明显的长期投资价值。


そもそも、薬価引下げを強行してブーイングを出すのは、製薬会社とその関係者、それに投資しているボクたち位のもので、一般大衆からは拍手喝采、”儲けすぎなんだから当然だろー”、”このボケがぁ、不正に価格つりあげてんじゃあねぇよぉ”、なぁんて感じでしょ(この薬価改定案発表の前に、こういうニュースが流れていたのもプロパガンダと思えるよねぇ)。

豊かになればヘルスケアへの支出が伸びるのは当たり前だけれども、その伸びが面白くないのが ”政府” だとしたら、はてさて、どうなるんだろう?面白くないっていうのは、医療保険による補助金が財政支出を招いているっちゅう事。

ちょっと前にエントリーした ”北京市が先陣を切って薬価を20%下げるってお話” でもそうですが、集中購買で購入する薬価が安くなるっちゅう事は、補助金負担も少なくなって、財政支出も削減!、いぇーーい、、、って、これ、本音トークじゃないのかしら、、、なぁんて妄想ですねぇ。

別の観点からは、政府の補助金にからまない商売をやっているようなヘルスケア関連会社も連れ安していたら、狙い目なんだろうなぁ。さぁさ、探索継続中どすえー。
| ririra | 中国 医薬株 | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://ririra.niko-niko.biz/trackback/17
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ LINKS




+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE