りりらら情報忘備録〜中国リアルビジネス、不動産投資、ネットビジネスのネタをどうぞ〜

2011年から中国の無錫市という人口600万人規模の上海からほど近い(中国新幹線で約40分の)地方都市に引っ越しました。中国リアルビジネスとして、広州ゴルフ練習場、上海文化センター、不動産投資などなど、いろいろ種まきをしています。チャイナビジネスは驚くほど簡単に儲かる、、、なぁんて、成功したお話なんかも聞いたりしますが、実際は、なかなか厳しいですよぉ、うーーん、これは、実感です。散乱している情報から有用なものをピックアップしながら、自分のとんでも体験談や、貴重な経験を(忘れようにも思い出せなくなる前)に忘備録としてお届けします。
<< 中国最近の不動産市況の小話 | main | 7月株価楽観論-中国A株 >>
中国医薬株がすべっているのは?
ま、北京市衛生局局長がおん自らホットラインの電話に出て、市民の声を聞いてー、、、なぁんてお話ですので、医療費が高い、医療サービスがずっこけてい るっちゅうのがそもそもの問題なんですねぇ。

確かに何をするにも前払いでお金が無い事には治療が受けられない、病院で倒れている人、なぁんて見るものなぁ。

で、北京市で医薬品価格が2割安くなるってお話です。

市の集中購買による入札システムの一部導入によって、6月末/7月上旬にも薬価を2割安くするのをやったるぜぇってお話です。北京市全体の薬剤売買の80%を占め、20億元の費用低減を狙っていると。入札価格のコントロールに効果があるので、全国薬価データーベース設立を計画し、薬価の監視、比較を行おうとしていると。

ヘルスケアセクターにとっては、国家発改委員より17日にそりゃ厳しい医薬品価格管理の ”意見書” が出されたのが、ネガティブサプライズですべっていたって言う見方がほとんどなんですが、、、これまで良く上がっていたので調整波がやってきたのだって見解もあったりして、ね。

以下、ユナイテッド証券より
2010/06/18(金)  国家発展改革委員会(国家発改委)の価格局は17日、薬品価格の高騰抑制を目指して、医薬品の新価格リストの策定に着手したと発表した。リ スト入りした薬品は、原材料、生産コストなどが勘案された上で、当局の主導で最高小売価格が決定される。当局が決定する以前は、薬品メーカーが薬価を独自 設定することができるものの、価格吊り上げなどの消費者利益を損なう不正を行ってはならないと警告したとの事です。






| ririra | 中国 医薬株 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://ririra.niko-niko.biz/trackback/14
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ LINKS




+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE